Technology Profile

Kouno's Quality

コウノでは技術力・提案力・創造力の3つの力で高品質な成果をお届けします。

Scroll

DRONE×SURVEY

より精度の高い
3次元計測が可能となりました。

・撮影飛行高度計算
  高度={地上画素寸法/√(SNSR面積/画素数)}×焦点距離
・地上距離
  地上距離=2×tan(FOV/2)×高度
・撮影速度
  飛行速度={地上距離×(1-OR/100)}/S間隔
・撮影コース間隔
  撮影コース間隔地上距離×(1-SR/100)


UAVを用いた公共測量マニュアル

平成29年度3月31日改正され実務に即した内容になってきました。
改正点のうち重要な所を以下に抜粋しました。

・構造物を標定点および対空標識に利用可

コウノでは以前より任意の検証点として利用していました。精度検証におすすめです。

・工程別作業区分順序で対空標識の設置が削除、品質評価を追加

「品質評価」とは、測量成果について、製品仕様書が規定するデータ品質を満足してい るか評価する作業。

・三次元点群の位置精度で0.05m以内のほか、0.10m以内、0.20m以内の追加

空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)と同じになりました。

・標定点、検証点の配置方法

最高度、最低度の標定が明記(今までは運用基準の中)されたほか、配置方法が大きく変更れました。
標定点等は最低点数にせず、精度を満たさない場合を考慮して多めに設置することをおすすめします。

・標定点、検証点の観測方法

位置精度0.05m以内の場合はTSを用いた測量のみとなりました。精度の悪い成果が氾濫した為でしょう。
RTK法でも観測箇所の特性等を考慮すれば選択できることも多いのに残念です。

・オーバーラップ率が90%から80%へ

90%で実施すればオーバーラップ率の点検は省略できます。点検の書類を成果品として印刷しなくて済むので
今まで通り90%で撮影をおすすめします。

・カメラキャリブレーションはセルフキャリブレーションに

当然ですがセルフキャリブレーションの方が精度が高い為です。



出張飛行可能地域

北海道・青森県・岩手県・宮城県・秋田県・山形県・福島県・茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・
千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・富山県・石川県・福井県・山梨県・長野県・岐阜県・静岡県・
愛知県・三重県・滋賀県・京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県・鳥取県・島根県・岡山県・
広島県・山口県・徳島県・香川県・愛媛県・高知県・福岡県・佐賀県・長崎県・熊本県・大分県・
宮崎県・鹿児島県・沖縄県

i-Construction支援

2015年11月、国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取組
「i-Construction」を推進すると宣言しました。
コウノではICT事業推進室を設置し、2016年には茨城県で初となる県発注のICT対応3次元
測量設計業務を実施しました。
現在、 国土交通省が中心となり産学官が連携しICT技術で建設現場の生産性向上を目指す
「i-Construction推進コンソーシアム」の会員として「i-Construction」の推進を支援
しています 。

ドローンやUAVや地上レーザースキャナを用いた公共測量

3次元計測技術

豊富な測量の技術・知識により現場に最適な計測計画を
策定し、ドローン・3Dレーザースキャナ等を使用した
高精度の3次元計測・点群測量を実施します。


3次元の点群編集

3次元データ編集技術

3次元モデリングソフトウェアで点群データを生成し
点群処理ソフトウェアで不要となる点群等を編集します。
必要に応じ補完測量を実施し高精度の3次元測量データを
作成します。




3次元設計データの作成

3次元設計データ技術

2次元設計データに3次元設計専用ソフトウェアで
面データを付与し、3次元設計データを作成します。
また3次元測量データに重ねることで、断面の追加や
拡幅・片勾配を考慮した設計データが作成できます。



出来形管理要領(土工編)に準じた土量算出

出来高管理技術

3次元測量データと設計データを重ね土量算出を行います。
算出方法は以下から選べます。
・メッシュ法(点高法)
・TIN分割等を用いた求積
・三角網による土量計算(プリズモイダル法)





3次元計測・3次元設計・土量算出・施工計画・検査・維持管理
まで「ICT土工」をトータルにサポート致します。

 お問い合わせへ    ≫