top  技術情報  ICT・3次元技術 




DRONE×SURVEY

より精度の高い
3次元計測が可能となりました。

・地上レーザスキャナを用いた公共測量
 公共測量、i-Constructionに係る測量作業にて、地上レーザスキャナを用いて測量を実施する場合における
 精度確保のための基準や作業手順等

・無人航空機(UAV)を用いた公共測量 ~UAVレーザ測量~
 公共測量、i-Constructionに係る測量作業にて、UAV搭載型レーザスキャナを用いて測量を実施する場合における
 精度確保のための工程や全体の作業手順等

・無人航空機(UAV)を用いた公共測量 ~UAV写真測量~
 公共測量、i-Constructionに係る測量作業にて、UAVで撮影した空中写真を用いて測量を実施する場合における
 精度確保のための基準や作業手順等

・公共測量におけるUAVの使用に関する安全基準(案)
 公共測量、i-Constructionに係る測量作業にて、UAVを安全に運航して測量作業を円滑に実施するために、
 作業機関が遵守すべきルール等



・地上型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
 土工における地上型レーザースキャナーを用いた出来形計測の基本的な取扱い方法や計測方法、出来形管理手法、
 計測点群データの処理方法、出来形管理の方法と具体的手順、出来形管理基準及び規格値等

・無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形管理要領(土工編)(案)
 土工における無人航空機搭載型レーザースキャナーを用いた出来形計測の基本的な取扱い方法や計測方法、出来形管理手法、
 計測点群データの処理方法、出来形管理の方法と具体的手順、出来形管理基準及び規格値等

・空中写真測量(無人航空機)を用いた出来形管理要領(土工編)(案)
 土工における無人航空機による空中写真測量を用いた出来形計測の基本的な取扱い方法や計測方法、出来形管理手法、
 取得データの処理方法、出来形管理の方法と具体的手順、出来形管理基準及び規格値等

・LandXML1.2 に準じた3次元設計データ交換標準(案)
 CIMやi-Constructionで必要となる3次元設計データを作成・照査・交換する際の内容及び、データ形式を定めたもの



i-Construction支援

2015年11月、国土交通省は建設現場の生産性向上を目的として、ICT技術を活用する取組
「i-Construction」を推進すると宣言しました。
コウノではICT事業推進室を設置し、2016年には茨城県で初となる県発注のICT対応3次元
測量設計業務を実施しました。
現在、 国土交通省が中心となり産学官が連携しICT技術で建設現場の生産性向上を目指す
「i-Construction推進コンソーシアム」の会員として「i-Construction」の推進を支援
しています 。

ドローンやUAVや地上レーザースキャナを用いた公共測量

3次元計測技術

豊富な測量の技術・知識により現場に最適な計測計画を
策定し、ドローン・3Dレーザースキャナ等を使用した
高精度の3次元計測・点群測量を実施します。


3次元の点群編集

3次元データ編集技術

3次元モデリングソフトウェアで点群データを生成し
点群処理ソフトウェアで不要となる点群等を編集します。
必要に応じ補完測量を実施し高精度の3次元測量データを
作成します。




3次元設計データの作成

3次元設計データ技術

2次元設計データに3次元設計専用ソフトウェアで
面データを付与し、3次元設計データを作成します。
また3次元測量データに重ねることで、断面の追加や
拡幅・片勾配を考慮した設計データが作成できます。



出来形管理要領(土工編)に準じた土量算出

出来高管理技術

3次元測量データと設計データを重ね土量算出を行います。
算出方法は以下から選べます。
・メッシュ法(点高法)
・TIN分割等を用いた求積
・三角網による土量計算(プリズモイダル法)