Business Solution

Kouno's Solution

「調査」・「測量」・「設計」・「補償」・「GIS」・「維持管理」・「3次元技術」・「空撮」
コウノがお客様に提供する8つのソリューション。

Scroll

茨城県の建設コンサルタントの仕事内容とは

建設コンサルタント部門

安全・安心なくらしを。 自然と共生するくらしを。
未来創造社会資本整備コンサルタント。


建設コンサルタントのお仕事とは

 社会資本整備などの公共事業は国や地方自治体(以下、官公庁)が建設業者に委託し建設を行います。
我々、建設コンサルタントは、官公庁が公共事業を建設するために必要となる計画・調査・設計業務を中心に、
専門的な知識と技術で相談に応じたり、アドバイスを提供するコンサルティングを行っています。

 専門的な知識と技術とは、道路や河川のインフラ整備、防災計画、環境保全を作るための知識と技術であり、
この知識および技術的アドバイスを行うのに必要な資格(技術士やRCCM等)を有する技術者が建設コンサルタント
の仕事を行えます。

 仕事の分野は広く道路、河川、上下水道、空港、港湾、都市計画、環境、鉄道、廃棄物など多岐にわたります。
その為、技術士等の資格も分野ごとに分かれており、また会社によって得意分野も分かれていたりします。

 建設コンサルタントの歴史は古く1818年のイギリスでの産業革命をきっかけに誕生したと言われます。
日本では戦前、1890年頃に誕生し、戦後の日本復興、高度成長期にインフラ整備の必要性が高まっていきました。
この中で、品質確保、コスト管理等の観点より工事と分離し仕事が発注すること、また一定の技術的能力を有する者
に限り登録させる規程が整い、飛躍的に発展しました。そして現在、「担い手3法」により官民一体となり、技術者
の仕事環境、魅力を高め、適正な価格で高品質の仕事ができるようにしています。