Construction Consultants

Design the Future of the City




茨城県の建設コンサルタントの仕事内容とは
Construction Consultant

建設コンサルタント部門

02

安全・安心なくらしを。自然と共生するくらしを。
未来の街をデザインし、創造する建設コンサルタント。



茨城県の道路実延長は5万6021kmで全国第2位です。
県の面積は24位にもかかわらず、道路では、面積とともに全国トップの北海道(9万322km)に次ぐ長さになっています。
コウノは、道路部門のエキスパートとして県内道路のコンサルティングに努めてきました。

技術のパイオニアとして株式会社コウノは、地域の抱える問題を、経験豊富な知識、高い技術力で解決していきます。






Job Description

建設コンサルタントの仕事とは

 社会資本整備などの公共事業は国や地方自治体(以下、官公庁)が建設業者に委託し建設を行います。
我々、建設コンサルタントは、官公庁が公共事業を建設するために必要となる計画・調査・設計業務を中心に、専門的な知識と
技術で相談に応じたり、アドバイスを提供するコンサルティングを行っています。

 専門的な知識と技術とは、道路や河川のインフラ整備、防災計画、環境保全を作るための知識と技術であり、この知識および
技術的アドバイスを行うのに必要な資格(技術士やRCCM等)を有する技術者が建設コンサルタントの仕事を行えます。

 仕事の分野は広く道路、河川、上下水道、空港、港湾、都市計画、環境、鉄道、廃棄物など多岐にわたります。
その為、技術士等の資格も分野ごとに分かれており、また会社によって得意分野も分かれていたりします。

 建設コンサルタントの歴史は古く1818年のイギリスでの産業革命をきっかけに誕生したと言われます。
日本では戦前、1890年頃に誕生し、戦後の日本復興、高度成長期にインフラ整備の必要性が高まっていきました。
この中で、品質確保、コスト管理等の観点より工事と分離し仕事が発注すること、また一定の技術的能力を有する者に限り登録
させる規程が整い、飛躍的に発展しました。
そして現在、「担い手3法」により官民一体となり、技術者の仕事環境、魅力を高め、適正な価格で高品質の仕事ができるように
しています。






ConCon Gallery

建コンギャラリー

企画

企画・立案

発注機関で事業化しようとする企画に対し、基礎調査を実施し、課題分析、整備効果などを検討しし事業の必要性を評価します。

計画

計画

企画・立案された事業を経済性や利用者の利便性、効果などを総合的に比較検討する概略設計を実施し最良の路線の位置と構造などを提案します。比較検討の結果、決定した路線に対し予備設計を行い線形・構造の計画を行います。

調査

調査

定期的な調査を実施し、企画・立案のための基礎資料の作成、計画、設計時に必要となる交通量、地質、環境などの調査や現地踏査を実施します。

設計

設計

概略設計、予備設計で決定した事業の工事を発注するために必要となる平面図、縦横断面図、構造物等の詳細設計図、設計計算書、数量計算書、施工計画書等を作成します。

維持管理

維持管理

高度経済成長期に整備された社会資本の老朽化対策が大きな社会問題となっています。構造物の安全性と信頼性を確保するため、施設の劣化状況を点検してその施設の健全度を診断します。






Registration/Performance

登録および実績

河川、砂防及び海岸・海洋部門  
港湾及び空港部門  
道路部門  
上水道及び工業用水道部門  
下水道部門  
都市計画及び地方計画部門  
地質部門  
土質及び基礎部門  
トンネル部門  
鋼構造及びコンクリート部門  
CIM(3次元設計)  
橋梁点検  
道路附属物点検






Qualification

保有資格

技術士  
技術士補  
RCCM  
道路橋点検士  
1級土木施工管理技士






すべての問題解決へ、技術と誠意を持って
トータルサポートします。

 お問い合わせへ    ≫